冬にオススメのお出かけスポット。ツインリンクもてぎでファミリー・グランピング。

%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab

photo by http://cyclestyle.net/article/2016/02/23/32896.html

最近TVの情報番組でも紹介されて話題となっている「グランピング」。

グランピングとは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語で、キャンプならではの自然環境のなかで高級ホテル並みの快適さやサービスを体験するという、贅沢なキャンピングスタイルのことのようです。

%e3%81%98%e3%82%83%e3%82%89%e3%82%93

photo by http://www.jalan.net/news/article/33503/

従来のキャンプが“自然のなかで不自由さを楽しむ”というイメージだとしたら、グランピングは“優雅に自然を楽しむ”というスタイルですね!

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%82%ab

photo by https://www.aman.com/ ※インド

世界屈指の高級ホテルブランド、アマンリゾートグループの「アマニカス」も自然の中に贅沢なテントを設置したグランピングを提供しています。

%e4%bc%8a%e5%8b%a2%e5%bf%97%e6%91%a9

photo by http://www.everglades.jp/

日本でも、グランピングがぞくぞく登場していて、伊勢志摩国立公園にある大人のキャンプ施設「伊勢志摩エバーグレイズ」は水辺に4棟のグランピングサイトがあり、コテージ付きの部屋には天蓋ベッドやハンモックがあり、食事はステーキ付のBBQ、それに朝食は部屋まで届けられる贅沢っぷり!

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%9e%e3%82%b8%e3%83%83%e3%82%af

ワイルドマジック(豊洲)

また都内近郊でも、手ぶらでバーベキューができることで話題となったワールドマジック(豊洲)にてグランピングが体験できるようになりました。


 「いいね!」 を押してFurariを応援してください。

 

ツインリンクもてぎ
ファミリー・グランピング

 森と星空の
キャンプヴィレッジ

mv01

Photo by: http://www.twinring.jp/index.html

栃木県茂木町のツインリンクもてぎのファミリーグランピング施設「森と星空のキャンプヴィレッジ」が今年の3月にオープンし人気を博しています。

%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%8e%ef%bc%94

Photo by: http://www.twinring.jp/index.html

ツインリンクもてぎは、大人も、子どもも“思いっきり楽しめちゃう!森の中のモビリティテーマパーク”として、本格的なモータースポーツの大会が開催され、自然を活かした広大なスペースには、ゆうえんちや森の中にあるキャンプ場、ホテル、レストラン、ミュージアムなどがあります。

%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%8e%ef%bc%92

Photo by: http://www.twinring.jp/index.html

森と星空のキャンプヴィレッジでは、ファミリーがゆったりとした上質な時間を過ごせる滞在エリアで、日中は森の中でアクティビティやモータースポーツ、夕暮れ時は優雅に食事を楽しめる。夜には星空を眺めたり、ソファーやベッドを配した快適なテントで過ごすことができます。

%e3%82%82%e3%81%a6%e3%81%8e%ef%bc%93

Photo by: http://www.twinring.jp/index.html

夕食時にはすっかり日も沈み、澄み切った冬の夜空には満天の星が輝いているかもしれませんよ!

 

基本情報:

ツインリンクもてぎ
ウッドデッキ付きセットアップテント
定員4名/大人 1泊2食つき

・4名利用:4万2320円より(大人2名、小学生2名の場合)
・2名利用:3万560円より(大人2名の場合)

内容:
スペース(1区画)10m×10m、コットン製グランピングテント、寝具、ソファ、テーブル、電源つき、夕食、朝食、ホテルツインリンクグリーンベイ入場料、のぞみの湯入浴料、駐車料(1台)含む
※詳細は公式HPを参照ください。

 

モータースポーツを
ファミリーで楽しむ


ツインリンクもてぎにはファミリーで楽しめるモーターパーク「モビランド」があり、大人も子どもも1日中たっぷりと楽しむことができます。

img_11_m

また、敷地内にあるミュージアム、ホンダコレクションホールには4輪自動車および2輪車自動車の展示があり、ホンダファンはじめ、モータースポーツファンの学びの場となっています。体を使って遊んだ後は、ちょっと車・バイクのことをチョットお勉強してみては如何ですか!


 「いいね!」 を押してFurariを応援してください。

 

一念発起して大型免許取得
ロングツ―リンングに向けて積極的に走行会に参加中!

s_5249710161481

NUMAZAWAさん

ツインリンクもてぎを紹介してくれたのは、埼玉県にお住まいの “ NUMAZAWAさん ”。

雑誌『タンデムスタイル』・『アンダー400』・『レディスバイク』を発行する株式会社クレタ様が筑波サーキット1000で開催した「サーキット体験走行会」に参加しているところインタビューに応じてもらいました。

NUMAZAWAさんは今年6月にオーナーになったばかり。
バイクの中型免許は社会人になる前に取得したものの、実際バイク には乗らずじまいになってしまったとのこと。

それが、今年の春にアニメ『ばくおん』を見て、再度バイクに乗ろうと一念発起!

自宅近くのDUCATI(ドゥカティ)のディーラーで大型車の試乗で、ますますスイッチが入り、次の日には大型教習を申し込んでしまったそうです。

今年のグゴールデンウィーク明けには大型免許を取得したNUMAZAWAさんですが、まだまだご自分の運転には自信が持てないのだそうで、今回のサーキットコースの講習をはじめ、自分の車両を持ち込んで受講できる講習には積極的に参加しているところとのコト。

まだまだ、ロングツーリングまではチャレンジできていないようですが、高速道路を使って郊外に出てみたり、ちょっと頑張ってツインリンクもてぎにあるホンダコレクションホール(ミュージアム)まで走ってみたりと日々チャレンジされているご様子。

%e5%8d%9a%e7%89%a9%e9%a4%a8

Photo by: http://www.twinring.jp/index.html

社会人になってはじめて買った自動車がホンダシビックだったというエピソードをお持ちで、ミュージアムはホンダファンにとっては、数多くの名車の展示に震えが止まらなかったそうですヨ!

メカニック好きなみなさんもレジャーとセットホンダミュージアムに足を運んでみてはいかがですか?

 


今回のインタビューは雑誌『タンデムスタイル』・『アンダー400』・『レディスバイク』を発行する株式会社クレタ様のご好意により、2016年7月23日(土)筑波サーキット1000で開催された「サーキット初心者体験走行会」会場にて壮行会に参加されたバイカーの方々へのインタビューを元に記事を作成させていただきました。

crete_logo_@1x

この記事を書いたユーザー

MaaaPon

この記事を見た人にオススメ


スポット情報

スポット名 ツインリンクもてぎ ファミリー・グランピング
エリア >関東 >栃木
料金 4名利用/1泊2色付き:¥4万2320円~
所要時間 2日間
対象 おひとりさまOK、カップルで楽しむ、男子会・男同士、女子会・女同士、みんなで楽しむ、ファミリーで楽しむ
場所 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
URL http://www.twinring.jp/index.html
予約 要予約
チケット なし
人気スポットの格安・予約可能な駐車場はこちら