八ヶ岳ドライブ 本格そば打ち体験&シェア別荘!?【その1】

 「いいね!」を押してFurariを応援してね。 

IMG_3805

GWを避けて八ヶ岳・清里方面に
Go for a Drive!

昨年、圏央道の寒川北ICから海老名JCT間が開通して、東名高速 海老名JCTと中央自動車道へのアプローチルートが開通し、東京・横浜方面から山梨・長野方面へのドライブがとっても快適になりましたね!

『記事いいね!』して
この記事のライター”MaaaPon” を応援しよう!

出典:海老名JCTの空撮写真(提供:NEXCO中日本)

今回はこの便利になった圏央道ルートを使って、八ヶ岳・清里方面をのんびりと走って新緑浴を満喫しつつ、本格的な〝そば打ち”を体験。さらに、オーナーが使わない期間をシェア利用できる別荘があるというので宿泊体験をしに向かいました。

とても便利な圏央道ルートもGW中は30㎞程渋滞が発生していたようですが、本日はストレス・ゼロの快適そのものです。

えびカレーパンメロンパン

海老名SA。名物メロンパン&新星えびカレーパン

早朝6:00AM過ぎに横浜を出発したところ、自慢のカーナビは9:00AM前には現地到着することを案内。安全第一にのんびりとドライブすることに!

途中、予定していなかった海老名サービスエリアに立ち寄る余裕も出できて、人気の〝メロンパン”や、最近話題になっている〝(海老名だけに)えびカレーパン”といった、新名物テイク・アウトを買い込み、目的地に向かう移動する社内で堪能しました。 となみに、〝えびカレーパン”は名前のとおり、カレーパンの中に1匹まるまるエビフライが入っているという斬新なスタイルのカレーパンです。

『記事いいね!』して
この記事のライター”MaaaPon” を応援しよう!

出典:http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=203

全国ご当地グルメエリア・厚木PA

時間にゆとりがある方は、海老名JCTから圏央道に入ってすぐにある厚木パーキングエリアにも立ち寄ってみてください! 純和風で瓦屋根の建物が特徴的で、しかも高速道路で初となる『全国ご当地グルメエリア』に認定されたパーキングエリアなのです。

『全国ご当地グルメエリア』とは
地元で愛されている名物グルメに加え、「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B‐1グランプリ」出展団体が監修する全国各地のご当地グルメを食べられるエリアで、ここで販売される全国ご当地グルメが概ね3か月で入れ替わるので、ここを訪れるたびに新しいご当地グルメを楽しむことができるのです!  (NEXCO中日本「ニュースリリース」を参考に記載)

IMG_3829

本格そば打ち体験に四苦八苦。太いおそばの出来上がり!

中央自動車道の小渕沢ICを降り、八ヶ岳方面へ車を走らせること10分程の場所にある「そば処 おっこと亭」。100%地元産玄そば・完全手打ちにこだわっているそば処。 その中に〝そば道場 ふるさと体験館”があります。

IMG_3837

この地の蕎麦文化は、標高1000メートルという高地、しかも周囲を火山灰土に覆われたやせた土地で育まれてきました。 そんな〝やせ地”によく育った蕎麦の木は、藩政時代の度重なる凶作の年にも住民の命をつないでくれた作物としても愛されていて、以前は冠婚葬祭では必ず振る舞われ、嫁入りする女性でそば打ちできない人はほとんどいなかったと言い伝えられているそうです。(そば処「おっこと亭」案内パンフレットより)

そば打ち

そんな歴史あるそば打ちを体験。 「おっとこ亭」のお店で提供する蕎麦を毎朝手打ちしている地元のお母さんに指導いただきながら体験が進みます。

とても人気のある体験で事前予約は必須。昼食時をねらった時間帯で予約したのと、朝から「メロンパン」と「えびカレーパン」1個ずつしか食べていなかったため、体験スタート前から、グu~、グu~とお腹が鳴り出してしまう始末。

出典:そば処 おっこと亭ホームページ

この地の蕎麦は「二八蕎麦」といって、蕎麦8:小麦粉(つなぎ)2の割合で手打ちしていきます。 二八そ蕎麦は、九割蕎麦や十割蕎麦と比べると、ツルツルシコシコと蕎麦の風味や喉越しのバランスがよいのが特徴。

つなぎの小麦粉が2割入ることで蕎麦が打ちやすくなるので、十割蕎麦よりも細麺が多いそうです。そば打ちの成功如何はこのツルツルシコシコに仕上げることができるか!?が最大のポイントになるようです。

soba

今回は家族3人/1グループで体験予約をしましたが、通常1グループで4人前の蕎麦
を打ちます。1つの団体に指導するお母さんが1名ついてくれて親切に教えてくれるので何とか形にはなりそうな予感。
そば粉・小麦粉それに水を混ぜて、大きなお餅のような塊を作るところから始まり、「練りの作業」へ続きます。この「練りの作業」は空気を抜きつつ、均等に水分をいきわたらせる必要があるようで、力強く且つ手早く行わなければなりません。
この段階で既に粉まみれになってきて、気分がエキサイトしてきます(楽しい)。

IMG_3828

練り込んだ団子に滑らかさがでたところで、団子を取り出し、打ち粉をしながらのし棒で直径70~80㎝の円になるよう、薄く・大きく伸ばしていきますが、これがとても難しい。

これ以上自分たちで続けると、せっかくのお蕎麦が台無しになってしまうギリギリのポイントで、お母さんに手伝ってもらいます。 そして、程好く伸ばすことができたそばを折りたたみ、いよいよ専用の蕎麦切り包丁で斬っていくのですが、この包丁が意外と重い!

IMG_3822

ツルツルシコシコの蕎麦を目指して!

ツルツルシコシコの仕上がりにするためには、如何に細く斬ることができるかにかかっています。最初に指導のお母さんが切り方の見本を見せてくれますした。1センチ?・何ミリの幅でリズムよく切っていき、美味しそうば蕎麦の束が出来上がっていきます。

ヨシ、僕たちも!と勇んではみたものの、切り終えた蕎麦の幅は3センチ以上5センチ未満ぐらいの、うどんのような仕上がり・・になってしまいます。

包丁を押すのか? 引くのか? そのまま真下に下すのか?
そんな試行錯誤をしながら、切り終えた4人前の蕎麦を大きな鍋でゆがいてもらいました。
蕎麦の太さがまちまちだと、きっと茹でる時間も違うのだろうなと傷心しながら、茹で上がりを待ちました。

IMG_3831

出来上がった蕎麦は、見事に「ふぞろいのお蕎麦たち」ですが、八ヶ岳でとれた森の恵みの風味
をしっかりと感じられる、味わいある仕上がり。 残念ながらツルツルシコシコ感は一切ありませんでしたが自分たちで打ったお蕎麦というだけで採点も甘くなり、、65点といったところ!

実際の食事では、事前に付け合わせの天ぷらもお願いしていたので、さらに美味しいランチタイムになりましたが、この〝そば道場”のそば打ち体験は1回5,880円/1グループ(4人まで)で4人前の蕎麦打ちと食事ができるので、とてもリーズナブル! 今回3人では食べきれないボリュームでした。

八ヶ岳にドライブ&ライドする際には、体験&食事のおすすめスポットです。

次回、【後編】では、「シェア別荘」と八ヶ岳ドライブをご案内します。
こちらも是非ご覧ください。

八ヶ岳ドライブ 本格そば打ち体験&シェア別荘!?【その2】

 

この記事を書いたユーザー

MaaaPon

この記事を見た人にオススメ


スポット情報

スポット名 そば処 おっこと亭
エリア >甲信越 >長野 >八ヶ岳・富士見・原村・野辺山・小海
料金 そば打ち道場 5880円/4人1回
所要時間 45分
対象 カップルで楽しむ、男子会・男同士、女子会・女同士、みんなで楽しむ、ファミリーで楽しむ 
場所 長野県諏訪郡富士見町乙事3777-3
URL http://www.okkototei.jp/douzyou.html
予約 要予約
チケット
人気スポットの格安・予約可能な駐車場はこちら