「住みたい街」ランキングの常連!「吉祥寺」をふらり【その1】

出典:https://www.f-fin.jp/

2016年度 「住みたい街ランキング」2位  人気の「吉祥寺」

毎年発表される「住みたい街ランキング」で2016年度こそ「恵比寿」に1位の座を譲ったものの、2位と依然高い人気を誇る「吉祥寺」。「恵比寿」はたぶんに都心へのあこがれ感や紹介されるグルメ情報やショップ情報量に影響されていると思いますが、「住みやすい住環境」から言えば、ダントツに「吉祥寺」だと思います。私個人は・・・今回はそんな「吉祥寺」の魅力を探しにふらり吉祥寺を歩いてみました。

井の頭公園の「緑」が素敵!!

吉祥寺といえばまず思い浮かぶ「井の頭公園」、正しくは「井の頭恩賜(おんし)公園」と言うそうです。大正2年に日本最初の郊外公園として決定、計画的に整備がすすめられ、来年2017年に開園100周年を迎える歴史ある公園です。

井の頭公園の魅力スポットナンバーワンはなんといっても、武蔵野の緑に囲まれた「井の頭池」

井の頭池井の頭公園2井の頭公園1公園点景

池周辺の遊歩道も整備され、桜満開の春、目にしみる新緑の季節、紅葉の秋、といろんな表情で目を楽しませてくれます。

ここで、女子見直す!東京風来坊の豆知識!!

この井の頭池、江戸時代から明治の初期まで、東京の生活を支える「飲料水」「生活用水」の大切な『水源』だったことはご存知ですか。江戸は徳川家康が江戸幕府を開くまで、江戸城(現在の皇居)のあったあたりを含め、大部分が海の近く。現在の銀座、築地あたりはもともと海で、江戸に幕府を開く際に「埋め立て」でできた街でした。当然、井戸を掘っても出てくる「水」は塩分を多く含むため、飲料水にはできません。そこで、生活用水を確保するために「水道」として整備したのが「神田上水」と「玉川上水」の二大上水です。現在、「神田川」として残っている「神田上水」の水源が井の頭池なんです。江戸の人々はこの「神田上水」から各家に水を引いてきて、生活用水にしていたんですね。

神田川

桜の季節の「神田川」(杉並区和泉周辺)

ここが神田川(神田上水)の源流域!! 

井の頭池から流れ出る神田川の源流域がここ!!この小さな流れからはじまり、杉並区、中野区、新宿区、千代田区、中央区と流れ、台東区で隅田川へと流れ込んで合流する、始まりのはじまりがここって言うわけです。川の源流を見ることなんてめったにできない経験です。一見の価値アリ!!

源流域

井の頭池 神田川源流域

いま井の頭池が大変なことになっているらしい!!

来年100周年を迎える井の頭公園でいまこの井の頭池の「回復作業」の取り組みが着々と進行中のようです。2014年から2度にわたり「かいぼり」を実施してとんでもない『ゴミ』がいっぱい回収されました。その画像がこれ!!!

かいぼり自転車

かいぼりで引き上げられた自転車など:出典:http://laplata-mirror.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/02/01/9hoj9kduy2znjf9_21918.jpg

なんと、200台近い自転車やバイクが引き上げられました。これはニュースでも取り上げられたのでご存知方も多いはず。こんな『不法投棄』を見せつけられると、『日本人の自然を愛する美徳はどこへいった!!』と哀しい気持ちになりませんか。

ブルーギルhttpバスキチ.bizpost-1637オオクチバスhttpwww.aqua.stardust31.comsuzukisunfish-kaookuti-bas.shtml

また、かいぼりの結果、ブルーギルやオオクチバスなど、相当数の『外来種生物』が捕獲され、在来種のクロハゼやモツゴ、ミナミメダカなどが危機にさらされているとのことで、その対策も今後の課題のようです。100周年に向けて定期的に『外来種』の調査を実施して、井の頭池の自然再生の取り組みを本格化していくそうです。

外来種調査

井の頭池外来魚調査(5月3日)

※かいぼりとは・・・・池の水を抜いて、ヘドロやゴミ、外来生物を排除する取り組み。本来は農業用ため池などの維持管理のため実施されていた。

の中に点在するレストランやカフェも魅力!!

緑いっぱいの公園の中に点在するレストランやカフェも魅力的なスポット。

井の頭公園駅口からすぐにある『泳遊亭restaurant SOPRA』はイタリアンとフレンチのお店。『泳遊亭』は元そば屋でしたが、現在は閉店中。そのあとに開業したのが『restaurant SOPRA(ソプラ)』。公園の緑を眺めながら気軽にイタリアン・フレンチが楽しめます。

ソプラ

井の頭公園駅すぐ近く「リストランテ SOPRA(ソプラ)」

リストランテソプラ 出典:https://tabelog.ssl.k-img.com/

『ブルースカイコーヒー』はコーヒー250円からとお手軽なカフェ。公園散歩の際に気軽に立ち寄れます。でも、一応、店内撮影は不可になってますからご注意を!!

ブルースカイコーヒー

静かなたたずまいのカフェ「ブルースカイコーヒー」

もう一軒ご紹介。『ペパカフェフォレスト』はタイ料理中心のカフェレストラン。ケーキも個性的で美味しいと評判です。でも、行列が絶えないお店で、ちょっと混むのが難点。公園の中心付近で眺めも最高なので無理ないですね・・・

ペパカフェフォレスト

行列の絶えない「ペパカフェフォレスト」

 

ペパカフェフォレスト

出典:http://www.nanigoto.com/

 

井の頭公園のもう一つの見所!! 井の頭自然文化園

お子様連れ必見のスポットが『井の頭自然文化園』。『水生物館』と『動物園』の2ヶ所が見所。

自然文化園

お子様連れ必見!井の頭自然文化園

『水生物館』は武蔵野在来の水生物、魚、爬虫類、両生類(カエルなど)などを中心に展示されています。

水生物園入口水性物4水性物2水性物5

『動物園』は日本で最高齢(推定69歳)で有名なゾウの「はな子」がいます。今回入園したときは「はな子」の体調が良くないということで、飼育室でお休み中でした。(撮影も不可)体調が早く回復して元気な姿を見たいものです。

ゾウのはな子

ゾウの「はな子」出典:http://blog.musashino-kanko.com/wp-content/uploads/2015/01/IMG_2573.jp

『動物園』内には、「モルモットふれあいコーナー」など動物と触れ合えるコーナーや遊園地もあるので小さなお子様連れはぜひ立ち寄ってみてください。

ふれあいコーナー2モルモットふれあいコーナー1動物園内2動物園内はな子カフェ

 

こちらの記事も是非ご覧ください。

ショッピング&グルメタウンを堪能し尽くす!! 吉祥寺をふらり【その2】  

 

吉祥寺周辺
予約のできる駐車場・トメレタ駐車場情報

吉祥寺周辺は百貨店駐車場や駐車場ビルなども結構あるけど、なにしろ人気の街だけあってどこも「満車状態」。コインパーキングは行ってみないと「空き」があるか分からないのでちょっと・・・という方。空き待ちをするくらいなら、予約のできる「トメレタ駐車場」がとても便利なので、吉祥寺周辺駐車場をご紹介しますね。

100

トメレタ駐車場への行き方

093

都心方面から井の頭通りを吉祥寺に向かって走ると、小田急バス『松庵町バス停』があります。右角のスーパー「三浦屋」を目印に、信号を右折し、直進します。

096

松庵小学校前の『吾妻通り』(角の内山歯科医院が目印)を左折します。

097

『吾妻通り』を約100mほど直進し、左手のコインパーキングを見て、すぐ先を右折して下さい。

100

右折してすぐ左側が
トメレタの「クレドメゾン吉祥寺駐車場」です。

この記事を書いたユーザー

東京風来坊

この記事を見た人にオススメ


スポット情報

スポット名 井の頭公園内井の頭自然文化園
エリア >関東 >東京 >新宿・中野・杉並・吉祥寺 >吉祥寺・三鷹・武蔵野
料金 井の頭自然文化園 一般 400円  
所要時間 吉祥寺駅約5分
対象 カップルは池でボート ファミリーは動物園と多彩な楽しみ
場所 武蔵野市御殿山1-17-6
URL http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/
予約
チケット

駐車場情報

駐車場 トメレタ駐車場
スポットまで
の時間
約15分
駐車場名 クレドメゾン吉祥寺駐車場
料金 1200円/日~
単位 1日
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺南4-22-9 クレドメゾン吉祥寺
地図ページ
URL
https://tomereta.jp/spot/inogashira-koen
駐車場ページ
URL
https://tomereta.jp/search/g_details?parkingManageNo=138032
予約
トメレタ
会員登録

「トメレタ」は、話題の「駐車場シェア」サービスです。「トメレタ」に登録されている個人・企業の空き駐車場を1日貸し駐車場として利用できます。利用者は、PCやスマートフォンから簡単に駐車場検索・予約が可能で、通常のコインパーキングより小額で利用することができます。
※利用には簡単な「会員登録」が必要です。
https://tomereta.jp/

地図
人気スポットの格安・予約可能な駐車場はこちら