本場の “わんこそば”にチャレンジしに岩手県盛岡までRide On

IMG_3580

melchan

埼玉に在住のmelchanさんは週末ツーリングを満喫しているバイカーさんです。

1日往復1000㎞走ることもあるとのこと。

出典:http://find-travel.jp/article/18247/photo/66402

ツーリングでは本場の “わんこそば”にチャレンジしに岩手県盛岡まで行ったところ、 お給仕さんが付かない「盛り出し式」のお店に入ってしまい、おわん16杯分のわんこお膳を食べることになってしまい、期待した「早食い」「大食い」体験ができずに、泣く泣く帰路についた経験談を語ってくれました。

出典:http://www.yabuya.jp

わんこそばの楽しみ方は、わんこそばの本場岩手県でも、盛岡と花巻、そして、平泉の各エリアごとによって異なっていて、盛岡では、お給仕さんが「はい、じゃんじゃん」と声を掛けながら食べます。花巻では、お殿様へのもてなしが始まりなので、声を掛けることはないようです。平泉では、お給仕さんが付くことはなく、並べられたお椀のおそばを、自分のペースで食べる「盛り出し式」になっているそうです。 (「わんこそば」 ウィキペディアより)

出典:岩手県観光協会

わんこそばの発祥の地は

岩手県花巻市。                                 

わんこそばの起こりは、400年以上も前の花巻で、南部の殿様、南部氏第27当主南部利直が、江戸へ向かう途中に、花巻城に立ち寄った時に始まったとされています。 花巻市では毎年9月に恒例の「花巻まつり」が開催されます。

炎ゆらめく美しい風流山車、150基にも及ぶ勇壮な神輿、古来より踊り継がれてきた鹿踊り・神楽権現舞、花巻ばやし踊りなど、花巻を代表するお祭りです。

是非、 “わんこそば”への再チャレンジと「花巻まつり」観光に行かれてみてはいかがでしょう!?

________________________________________

今回のインタビューは雑誌『Girls Biker/ガールズバイカー』(造形社)様のご協力により、3月6日(日)パシフィコ横浜で開催されたガールズバイカー撮影会に参加されたバイカーの方々へのインタビューを元に記事を作成させていただきました。

http://www.zokeisha.co.jp/gb/                           _______________________________________

この記事を書いたユーザー

furari 編集部

この記事を見た人にオススメ


スポット情報

スポット名 岩手県 花巻市 元祖花巻わんこそば やぶ屋 
エリア >東北 >岩手
料金 上わんこそば 2000円
所要時間 約20分~40分
対象 おひとりさまOK、カップルで楽しむ、男子会・男同士、女子会・女同士、みんなで楽しむ、ファミリーで楽しむ
場所 岩手県花巻市吹張町7-17
URL http://www.yabuya.jp/
予約
チケット
人気スポットの格安・予約可能な駐車場はこちら