明治期の外国人居留地の面影を残す横浜山手。 緑多い丘の西洋館を巡ってみた。【その1】

山手十番館

横浜山手は現在も住宅・文教地区として、外国人居留地だった頃の面影を残している貴重なエリアです。 最近は横浜というと「横浜みなとみらい」地区に注目が集まっていますが、横浜文化を感じたい方は、山手本通り沿いを中心とする“横浜山手エリア”が断然オススメです。

山手本通りは、港の見える丘公園の前から尾根を伝って西の方角に向かって延びるお洒落な通りで、ふらり歩いてみると、外人墓地をはじめ、教会や洋館などの横浜の原風景を観ることができます。

img_6000syuku

車やバイクでこのエリアを訪れる予定の方は、思い切って車両を駐車場に停めて、このエリアを散策してみては如何でしょう!? 外人墓地や港の見える丘公園は有名ですが、通り沿いの建物も瀟洒(しょうしゃ)な佇まいで、その町並みに西洋館や教会が点在している景色は異国情緒を堪能でき、“ちょい旅”の満足度を急上昇させてくれるはずです!

最近は通り沿いにガーデン公園の整備が進んでいて、四季折々の花々も堪能できる山手エリアなのです!

アメリカ山公園

 

今回は、山手外人墓地周辺の情報を紹介します。                                アメリカ山公園はみなとみらい線「元町・中華街駅」の駅舎上部が増築され、全国で初めて建物上部が緑地化(立体都市公園)された公園です。(横浜市ホームページより)

みなとみらい線の改札口からエスカレーターやエレベーターを使って、地上5階の駅舎屋上にのぼると、そこには大きなガーデン風公園が広がっています。中央には芝生が敷き詰められていて、小さな子供たちがボールを蹴って遊んでいたり、散歩に連れられてきた可愛いプードルが女子学生に囲まれて尻尾をぐるぐる回している風景に出会えます。

たくさんの花が植えられていて、壁に沿って置かれているベンチで読書をする人や、ランチを楽しむママ友達の姿も。公園はそのまま外人墓地に行ける導線になっていて、元町商店街から急な坂道を上ることなく、山手本通りに出ることができる抜け道にもなっています。

出典:http://www.jguide.net/

アメリカ山公園を抜けてしばらく歩くと、直ぐに外人墓地(正式名:横浜がいこ公人墓地)が見えてきます。1853年にペリー提督が黒船を従えて日本に開国を迫った際、アメリカ人用の墓地を「海の見え地」につくるよう要求したのが切欠で、現在の地に外人墓地ができたそうです。 (横浜外国人墓地ホームページより)  十字架やマリア像などの墓標が並ぶ異国情溢れる景色の向こうには、マリンタワーやみなとみらいの近代的なビル群を眺めることができます。

山手十番館2

外人墓地の向かいには、女性に人気がある山手十番館があります。一見高級そうなフレンチレストランですが、1Fが気軽に使えるカフェになっているので、こちらでもちょっと休憩を。

出典:http://odekake.info/

 

山手十番館の並びにあるのが山手資料館です。                               明治期の木造西洋建築物としては横浜に遺された唯一のものとして知られていて、内部には横浜開港期を偲ぶ様々な資料が展示されています。

庭にはたくさんのバラが植えられていて、4月下旬から5月中旬は大ぶりなバラが園内に咲き誇っています。 先程紹介したアメリカ山公園や港の見える丘公園内のローズガーデンとあわせて、ゴールデンウィーク中のバラ鑑賞スポットとしてオススメです。

出典:http://www.toysclub.co.jp/shop/img/toysclub/gaikan.jpg

西洋館めぐりをちょっと休憩して、山手本通りから山手資料館と横浜山手聖公会の会の間のわき道を歩いて行くと、ブリキのおもちゃ博物館があります。 テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士としておなじみ、 北原照久氏の「ぶりきのおもちゃ」コレクションが約3,000点ほど展示されています。 こちらも古い洋館を改装した建物で、懐かしい時代を感じさることもできるので、大人も童心に帰れること間違いありません。

 

麦酒井戸

ブリキのおもちゃ博物館を右手に、さらに脇道(坂道)を進んでいくと、日本初のビール醸造所「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」の跡地としてビール井戸が残されています(横浜市北方小学校内)。

7630049_large.v1457622729

1864年 ウィリアム・コープランドという人物が来日し、この土地で良質な硬水を発見。ビールの醸造に適していると考えたことからビール醸造所が建設され、国内にビールの醸造法が継承されていきました。その手法は日本人へも積極的に伝授され、麒麟麦酒株式会社へとつながっていったそうです。 (キリン公園内記念碑より)

キリン公園

ビール井戸のある横浜北方小学校の隣には、この地がキリンビールの発祥の地であることを記念して、1937年(昭和12年)、キリン公園に「麒麟麦酒開源記念碑(日本の麦酒発症の地)」が立っています。 ビールの蘊蓄好きなお父さんは是非記念碑を尋ねられてはいかがでしょう。

出典:http://umeno87sanpo.sblo.jp/

イギリス国教会の流れをくみ、初代協会から2000年の伝統を注意深く維持してきた歴史ある教会です。横浜市の歴史的建造物に指定された重工な石造りの建物で、週末には結婚式を挙げている

風景をたびたび目にします。 日曜日には誰でも参加できる礼拝や子供たちのための日曜学校が開催されていて、週末訪れた方は聖堂の中のステンドグラスを観るだけでも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

・・・次回はさらに、元町公園方面に進み、「山手234番館」や「えの木てい」を紹介していきます。

この記事を書いたユーザー

MaaaPon

この記事を見た人にオススメ


スポット情報

スポット名 山手十番館
エリア >関東 >神奈川 >横浜
料金 プリン・ア・ラ・モード 648円
所要時間
対象 おひとりさまOK、カップルで楽しむ、男子会・男同士、女子会・女同士、みんなで楽しむ、ファミリーで楽しむ
場所 神奈川県横浜市中区山手町247
URL http://www.yamate-jyubankan.yokohama/
予約
チケット
人気スポットの格安・予約可能な駐車場はこちら