ふらり 横道をゆく 。 鍋屋横丁をふらりで激安・大盛・もろウマ定食を堪能

新宿風景

新宿歌舞伎町風景:出典http://www.kmine.sakura.ne.jp/tokyo/machi/sinjyuku/yorunosugata/kabukicyou.htm

相変わらず新宿、歌舞伎町あたりは人、ひと、人!!近頃はウィークデーでも朝から人であふれてる感じ。なにげに聞いているとコトバがどうやら外国語。ウワサの「爆買い」の東南アジアの観光客も多いんだろうな。

ヨドバシ、ユニクロ、ドン・キホーテ、高島屋に伊勢丹。どこも外国人観光客に乗っ取られた感じ。ま、日本製が人気になるってことはちょっとウレシイし鼻高だけどね。

新宿大ガード0001

新宿大ガード西交差点:出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%BB%9D%E6%A9%8B%E9%80%9A%E3%82%8A

そんな新宿の「大ガード西交差点」が青梅街道の入口だ。この青梅街道、慶長の頃、徳川家康が江戸城築城のため、青梅で産出する「石灰」を運搬するために整備させたという歴史ある街道。

整備の指揮をとったのは「大久保長安」と言われていて、鉱山開発に優れた彼が手がけた金山・銀山開発の「カネの力」が、徳川家が天下を取った要因の一つと言われているらしい。

ところで「大久保長安」は波乱万丈の人で、時代小説の「徳川家康モノ」にはよく登場するので「伝奇・歴史好き」には興味津々の人であります。ご興味のある人はぜひ!!『影武者 徳川家康』(隆慶一郎著:新潮社)などでご一読あれ!!

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/osampoojisan/31334661.html

 

そんな歴史ある青梅街道沿いに「鍋屋横丁」はあります。新宿大ガードから歩きで30分くらいでしょうか。新宿の高層ビル群を左に見て、成子坂を下り、中野坂上で山手通りと交差してしばらく歩けば、鍋屋横丁、「鍋横(なべよこ)」という通称で親しまれている商店街「なべよこ」の時計台が見えてきます。中野本町・中央あたりを指す地区名としても使われる、中野区本町・中央3.4丁目地域境を南北に走る横丁商店街。

 

ところで、「横丁」や「路地」って響き、ワクワクしませんか?なんか「地元感」いっぱいでちょっと「ひみつ」めいて、「タンケン」したくなるような・・・って言うのは私だけでしょうか・・・・

青梅街道、「なべよこ」交差点の少し新宿寄りに、真言宗豊山派の「宝仙寺」(寛治年間・源義家創建と伝えられる)というお寺がありますが、「なべよこ」ついでに、ここにもぜひ横道、寄り道を・・・。それほど大きなお寺じゃないけど、本堂、太子堂の他、境内に「中野町役場跡」の石碑があるんです。現在の「中野」と言えば、中野ブロードウェイや中野サンプラザのあるJR中野駅周辺中心のイメージが強いけど、青梅街道が江戸時代からの主街道であったことを考えれば、「中野村」や「中野町」の往時は、「中野町役場」があった「なべよこ」「宝仙寺」周辺が中心でにぎわってたことが想像できますよね。

宝仙寺

宝仙寺山門:気軽に立ち寄れるお寺さん

宝仙寺石碑

宝仙寺境内:中野町役場跡石碑

さて、「鍋屋横丁」到着。 「鍋屋横丁」って、「かっぱ橋道具街」のように「鍋や」さんがたくさんあったの??

「鍋屋横丁」の名前の由来を調べてみると・・・                               江戸時代の頃から庶民の信仰を集めていた杉並・堀之内にある「妙法寺」(日蓮宗由緒寺)へ向かう参道として栄えていたそうな。当時、江戸から青梅街道をへて「妙法寺」に向かう際、現在の「鍋屋横丁交差点」を左折することになるんですが、その目印になった「鍋屋」という「茶店」があったことから、「鍋屋の横丁」となったようです。

最寄駅は東京メトロ・丸の内線「新中野駅」。

「新中野駅」と言えば・・・・

浅田次郎(『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞受賞。高倉健主演で映画化)の作品、『地下鉄(メトロ)に乗って』(吉川英治文学新人賞受賞:徳間書店刊)の舞台の一つにもなった駅。2006年に映画化もされましたが、私の好きな、ちょっとメルヘンで、ちょっと泣かせるストーリー。

主人公 小沼真次(映画では役・堤真一さん)の実家(小沼邸)があるという設定で、「新中野駅」や「鍋屋横丁」の商店街も描かれていますから、ご存知の方も多いかも・・・

出典:『地下鉄(メトロ)に乗って』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに映画版『地下鉄に乗って』の「新中野駅」「鍋横商店街」のシーンは静岡県伊東市の「あんじん通り商店街」という昔ながらの商店街に「地下鉄駅入口」や「中野オデヲン座」など、昭和39年当時のセットを組み、撮影したそうです。(「中野オデヲン座」は現在のオデヲン中野パーキング駐車場にありました。)

現在の「なべよこ」はまさに「わが町の商店街」といった雰囲気。地元感いっぱいの横丁商店街です。 もちろん大手ドラッグストアやコンビニ、ファーストフード店、カフェチェーン店なども目につきますが、いかにも「ジモピー」御用達といったおもむきのお店も軒を並べています。

花屋さんに果物屋、定食屋さんにラーメン屋、甘味処にお豆腐屋・・・地域密着型スーパー(八百屋さん?)・・・まさに「横丁商店街」ですね。

出典:http://mekealoha.seesaa.net/article/303378628.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
なかでも大人気のパン屋さん「ミルクロール」。京王バス「十貫坂上」のバス停前にある、行列のできる人気パン屋さんです。人気のヒミツは・・・美味しいのはもちろんですが、なにしろ「爆安」。店名にもなっている「ミルクロール」は1個40円、「クルミロール」50円など10個買っても500円でお釣りがくるなんて・・・。おいしくって安い、横丁商店街の面目躍如、庶民の味方です。

ミルクロールパン

写真左から「ミルクロール40円」「チーズセサミ50円」「メロンパン60円」どれも美味しい!安い!!!

もう1軒ご紹介。青梅街道新宿方向から「なべよこ」の交差点を左折。中野通りにぶつかったら十貫坂を左に「ふらり」と少し下った所にある中華定食「尚ちゃんラーメン」。

メニューも豊富で、安くて、ボリューム満点で、おいしくて、4点揃った庶民派定食屋さん。 昼時ともなれば、タクシーの運転手さんやご近所の学生さん、サラリーマンなどでいつもいっぱいのお店です。なんでも、久本雅美さんや芝居関係者などもよく来るらしい・・・街の中華屋さん。

食レポで有名な石塚英彦さん(石ちゃん)も食べたという、木耳肉定食+半ラーメンセット(850円なり)など、おいしくボリューム満点だ!!しかも「安い」。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=9eMz1sYXjCs

毎年8月第一土曜、日曜には「なべよこ夏祭り」も開催され多くの人出で賑わうそうです。ふらり横道、鍋屋横丁さんぽ!!オススメです。

 

 

 

この記事を書いたユーザー

東京風来坊

この記事を見た人にオススメ


スポット情報

スポット名 鍋屋横丁 尚ちゃんラーメン
エリア >関東 >東京 >新宿・中野・杉並・吉祥寺 >中野・杉並
料金 木耳肉定食+半ラーメンセット 850円
所要時間
対象 おひとりさまOK、カップルで楽しむ、男子会・男同士、女子会・女同士、みんなで楽しむ、ファミリーで楽しむ
場所 東京都 中野区 本町 5-33-15
URL http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13006926/
予約
チケット
人気スポットの格安・予約可能な駐車場はこちら