北鎌倉 明月院のあじさい。青の森に包み込まれる癒しの体験。

 「いいね!」 を押してFurariを応援してね。

pixta_13657545_M

あじさいを鑑賞しに「いざ北鎌倉!明月院」へ

関東地方は梅雨入り後も雨の日が少なく、みなさんに神奈川県・北鎌倉の紫陽花(あじさい)が雨露に光る風景をお伝えしようと取材のタイミングを計っていましたが、6月に入ってからは晴れの日ばかり。。 そろそろ早咲きの見ごろが終わってしまい、遅咲きのあじさいが見ごろを迎える頃と聞き、気持ちを切り替えて〝晴れの日のあじさい″を鑑賞しに「いざ北鎌倉!明月院」へ馳せ参じてきました。

『記事いいね!』して
この記事のライター”MaaaPon” を応援しよう!

鎌倉から北鎌倉。1日かけてゆっくり散策がオススメ!

IMG_4046IMG_4048IMG_4118IMG_4101

鎌倉から北鎌倉の間には、あじさいを鑑賞できる神社仏閣が多く点在しているので、1日・時間をかけてゆっくりと散策を楽しむことができます。

 

出典:umimachi.exblog.jp3

出典:古民家カフェ umimachi.exblog.jp

今回のメインスポット「明月院」をはじめ、「浄光明寺」・「浄智寺」・「東慶寺」・「円覚寺」(鎌倉駅側から紹介)等が有名で、散策路の道中には、ちょっと立ち寄りたくなるカフェやレストラン、お土産屋(中には古い民家を改装した今流行りの“古民家カフェ”もあり)がありました。この時期には店先にあじさいをモチーフにしたオブジェが飾られていたりして、ふらり散策の道中はずっと『紫陽花づくし』の散策となるはずです!

「鎌倉の山道を歩きつづけなければならないのか・・・(汗)」という感覚では決してありませんのでご安心を!

 

鳥たちのさえずりがコダマし、森林浴と耳で癒される

▼鳥たちのさえずりが木々の間で反響される癒しの演奏をお聞きください。

北鎌倉から鎌倉エリア(銭洗弁財天~宇賀福神社~、小町通り)へ抜ける山道は道が高い木々で覆われ、由比ガ浜から吹いてくる風が木々のフィルターによって清涼化され抜けていくような、とても気持ちのいい散策路を発見しました。耳をすますと鳥たちの囀る(さえずる)音が鳴り響く空間です。

『記事いいね!』して
この記事のライター”MaaaPon” を応援しよう!

北鎌倉・あじさい寺「明月院」
明月院ブルーに覆われる青の森

リトリップ

出典:https://retrip.jp/

明月院は「鎌倉のあじさい寺」とも呼ばれ、広大な境内一面にあじさいが植えられています。シーズン最盛期には『明月院ブルー』と称される青一色の花で覆われます。

 

IMG_4085IMG_4087IMG_4094IMG_4099

あじさいは土壌の酸性度の影響をうけて、花の色が変化する特殊な花と言われていますが、明月院のほとんどの花が鮮やかで深みのある青色の花をつけていて、本当に美しい景色を堪能することできました。

正面入り口から本堂までゆっくり歩いて15分程。青の世界が堪能できます。花の1つ1つが手鞠ほどの大きさで、深い緑に染まった中を青色の水泡がフワフワと浮かんでいるようでした。

IMG_4095IMG_4092IMG_4088IMG_4089

この美しいあじさいについて、
境内でも『明月院の姫あじさい』 と説明されていて「当寺のあじさいは日本古来からの『姫あじさい』です。 花が優美ということから名づけられたもので、小振りで可憐で七変化いたしません。 淡い青から日ごとに青さを増して最後は母なる色、空の色、海の青に染まり大地に還ります。・・・」(明月院内の説明書きより)

他の鎌倉あじさいスポットでは、さまざまな色のあじさいを鑑賞できますが、青一色の美しい風情を楽しめるのは明月院だけです。

▶ 参 考 :明月院 ウィキペディア

▼ 人気の鎌倉小町通りふらりの旅もご覧ください!

人気の鎌倉にチョイ立ち寄りする楽しみ方。小町通りで “鎌倉 とんぼ玉”づくり体験。

藤色・円覚寺のあじさい

IMG_4057

円覚寺では広い境内でゆったりと咲くあじさいを楽しむことができます。

IMG_4050IMG_4052IMG_4055IMG_4056

北鎌倉駅から最も近いあじさいスポットのため、シーズン最盛期を迎えたこの時期は、駅から総門に向かう参拝客の列に驚きますが、境内は広いので、仏殿の左右に咲く藤色の花をゆっくりと鑑賞することができます。

参考 : 円覚寺ホームページ

 

白色・東慶寺のあじさい

IMG_4073

東慶寺は今から約720年前、弘安8年(1285)に北条の時代(封建時代)に、女女人救済の寺として明治時代までの600年にわたり、縁切りの寺法を引き継いだお寺です。 明治4年(1871)には縁切りの寺法が廃止となったため、尼寺の歴史も明治35年(1902)に幕を閉じ、現在は円覚寺派の男僧寺になっています。 (東慶寺パンフレットより)

IMG_4072IMG_4070IMG_4063IMG_4068

現在の境内は、かつての尼寺の風情を残す境地に、四季折々の花々が参拝客を迎える造りになっていて、心がとても安らぐ、女性に人気のスポットとなっているようです。

東慶寺のあじさいで特に美しかったのは、白色のあじさい。
境内はとても綺麗な庭園となっていて、山門から伸びる山道の両脇に茶室や書院、本堂が並びます。ところどころに花の植え込みがあり、現在はハナショウブの植え込みを囲むように咲く白色のあじさいがとても可憐で美しく、参拝客の目を引いていました。

▶  参考 : 東慶寺ホームページ

 

ガクアジサイ・浄智寺のあじさい

ガクアジサイ

出典:ガクアジサイ http://www.asahi-net.or.jp/

浄智寺は山門まで階段が「鎌倉石」で造られた石段のまわりに咲くあじさいが見事でした。
鎌倉幕府第5代執権 北条時頼の三男・北条宗政が亡くなった1281年に建立され、中国のお坊さんから学んで建てられたため、建物のスタイルに「宗風」という中国の様式(スタイル)が残っています。

IMG_4077IMG_4079IMG_4074IMG_4075

この建物と周辺の自然の形式との調和がすばらしく、風景画を描くアマチュア画家さんでも賑っていました。 女性の方に描写中の絵を見せてもらいパシャリ。 色彩豊かにやさしいタッチで描かれた水彩画はとても癒される作品でした。

IMG_4080

 

あじさいの花には中咲き・外咲きの2種類がある!

その方に話しを聞くと、絵にも描かれている目の前のあじさいは「ガクアジサイ」と言って、手鞠の中央には花をつけずに、周囲にだけ装飾花をつける種類のあじさいとのこと。 そのお話を聞くまで、アジサイに種類があることにも気をとめずに、花の色やロケーションの違いだけでシャッターを押し続けていたので。。。

少々恥ずかしい思いをしてしまいました。

IMG_4081

後に調べたところ、ガクアジサイは日本固有の種で別名「ハマアジサイ」とも言われ、暑さや寒さに強く日当たりの良いところに咲くそうです。 分布地域は、本州(房総半島・三浦半島・伊豆半島)小笠原諸島と狭い範囲の比較的暖かい海岸地域に自生しています。
(開設参照元:http://www.asahi-net.or.jp/~ye5t-hru/hanairoiro-gakuajisai.htm より)

▶ 参考 : 浄智寺

 

浄光明寺のあじさい

IMG_4111

今回紹介するあじさいスポットで最も鎌倉駅に近いお寺が浄光明寺です。
国の史跡に指定されていて、収蔵庫に安置されている阿弥陀三尊像は、国の指定重要文化財で鎌倉彫刻の傑作と名高い寺です。

IMG_4110IMG_4113

また、ハギの名所としても知られていて、あじさいも楽しむことができます。 鎌倉駅周辺を起点として、北鎌倉方面のアジサイ鑑賞に向かう最初の散策スポットになります。 周辺には駅周辺の観光地の賑わいからはずれた閑静な住住宅地と、山の緑が調和する場所。

浄光明寺の付近にもオシャレで鎌倉オリジナルを謳ったカフェやショップがあり、散策の気分を盛り上げてくれます。

北鎌倉は道路・駐車場とも渋滞中

IMG_4061#ぼかしアリIMG_4060

シーズンの最盛期、北鎌倉周辺の道路も駐車場も大渋滞。
マイカーで楽しむなら、ぜひ!鎌倉を起点に七夕の雰囲気満載の小町通りを楽しみ、北鎌倉までの散策を楽しんでみてはいかがでしょうか?

七夕 小町通り

駐車場は1日まるまる予約できて、車両の出し入れ自由な『トメレタ 駐車場』 をオススメします。

▶ 予約できる格安駐車場 トメレタホームページ

トメレタ トップ

▶ トメレタ駐車場 詳細

 

IMG_3937_ぼかし①IMG_3938_ぼかし②IMG_3940_ぼかし③IMG_3941_ぼかし④

1日予約できるトメレタ駐車場は鎌倉市雪ノ下、鶴が丘八幡宮から鎌倉駅方面に向かう段葛(だんかずら)の道路脇にあります。

IMG_4087

まだまだ、鎌倉~北鎌倉 あじさいの見頃は続きます。
ふらっと、明月院のあじさいと古都の香り、それに夏の訪れを感じに、お出かけされてはいかがですか。

この記事を書いたユーザー

MaaaPon

この記事を見た人にオススメ


スポット情報

スポット名 明月院
エリア >関東 >神奈川 >湘南・鎌倉
料金 明月院の拝観料 6月は500円
所要時間 約30分
対象 おひとりさまOK、カップルで楽しむ、男子会・男同士、女子会・女同士、みんなで楽しむ、ファミリーで楽しむ
場所 神奈川県鎌倉市山ノ内189
URL 参考:http://www.kamakura-burabura.com/meisyokitakamakrameigetuin.htm
予約
チケット

駐車場情報

駐車場 トメレタ駐車場
スポットまで
の時間
あじさい巡りしながら徒歩30分
駐車場名 ファーストアベニュー鎌倉
料金 2,130円 / 1日
単位 1日
所在地 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-10-5
地図ページ
URL
https://tomereta.jp/spot/kamakura-sta
駐車場ページ
URL
https://tomereta.jp/search/g_details?parkingManageNo=265193
予約
トメレタ
会員登録

「トメレタ」は、話題の「駐車場シェア」サービスです。「トメレタ」に登録されている個人・企業の空き駐車場を1日貸し駐車場として利用できます。利用者は、PCやスマートフォンから簡単に駐車場検索・予約が可能で、通常のコインパーキングより小額で利用することができます。
※利用には簡単な「会員登録」が必要です。
https://tomereta.jp/

地図
人気スポットの格安・予約可能な駐車場はこちら